キャラクター

黒王

並の拳法家はラオウが手を下すまでもなく、黒王号に葬られた。
ケンシロウと壮絶な痛み分けを喫し、配下の者たちから見捨てられた
ラオウの元にただ一頭残るなどその忠誠心は厚かった。
ラオウが「俺が身体を預けるのは黒王号のみ」と、深い信頼を置く。